忍者ブログ
我が家の猫親子なつめとこうめの観察日記です。
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナツメとコウメが我が家に来てから、10ヶ月ほどになります。
それ以前に2ヶ月あまりを里親さん(guriさん)の下で過ごしていたわけです。
寒い晩に凍えて彷徨っていた惨めな二匹が保護されたのは、昨年の2月26日のことです。
ナツメトコウメの幸せな226事件でした。





 ところで、この二匹は、どうして路頭に迷っていたのでしょうか。
どう見ても野良猫のようには見えず、餌も充分取れないような母親、そして死にそうな子猫だったそうです。   
 その後の1年について考えると、それ以前のナツメはきっと誰かに優しく飼われていたに違いないと思うのです。
今はとても穏やかに過ごしていて、野良だったとは想像もつきません。
guriさんの並外れた飼主の能力によるのかもしれませんが、元々、ちゃんとした猫のようにも思えるのです。
でも家出してしまい、子供ができたのではないでしょうか。
猫の妊娠期間は僅か2ヶ月。
コウメが保護されたときは、生後1ヶ月くらいだったとすれば、11月末にナツメ妊娠、それが家出の理由だったと考えられます。
さてお相手は誰だったのでしょうか。
ナツメとコウメの毛並みの同一性からすると、と想像をたくましくしてみても、この先は謎です。
きっと優しい飼主に飼われていた、ということにしています。
家族かもしれないし、一人暮らしの女性、男性かもしれません。
でもさかりがついて、家出してしまったのではないでしょうか。


 私たちは、ナツメとコウメについて、この1年間のことしか知らないのです。
ナツメは昨年6月、コウメもこの2月に、避妊手術をしました。
その二つはやはり大事件です。
自然に逆らって大変なことをしてしまったと思っています。
 二匹の猫が、寒空に彷徨っていたことと、ナツメの妊娠出産が関係深いに違いないと思うのです。





ナツメは今でも、隙さえあれば、外に出たいと思っているように思います。
二階のバルコニーには毎日何度も出ますが、一階の玄関から何度となく家出しています。
今では気にしないで、コウメを一階の鍵が掛かる部屋に移し、網戸にして、泣き声を聞かせ、玄関を開けておきます。
すると、最大で30分ほどで、戻ってきます。
ナツメは外でいい体験をしたことを何か覚えているように思います。
コウメは私たちが出入りすることに関心を示しますが、自分からは出ていこうとしません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
2匹を保護した日を覚えていただいてたんですね!びっくりしました。
あ、ほんとだ。226事件ですね(笑)。
なっちゃんが生まれながらの野良ではないことは、確かだと思います。
迷子猫の情報などかなり遠方まで調べましたが見つからなかったので
出入り自由、去るものは追わず、といった昔ながらの飼い方をされている
年配のかたかもしれないなーと思ったりもします。
でもなっちゃん、保護した翌日には人間の膝で寝てましたから
きっと優しいひとにかわいがられてたんだと、私も思います♪

コウメちゃんのなき声で帰ってくるなっちゃん、お母さんですねー。えらい。
うちはうっかり逃げてしまうと、人間がまたたびを持ってさまようはめになります。
近所に野良さんも多いので、勝手に他猫のテリトリーに入って怒られないかと
寿命が縮みます(笑)。
guri URL 2010/03/02(Tue)17:43:47 編集
コメントありがとうございます
2匹が我が家に到着したころのことを、丁寧に書いておいたのがよかったと思います。それほど感動的なことだったわけで、皆さんの暖かさが、二匹にとっても、きっと身にしみているんだと思います。幸せな二匹です。感謝。
飼主N 2010/03/05(Fri)22:33:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
飼い主夫婦N
性別:
非公開
自己紹介:
2009年のゴールデンウイークから猫親子の里親になりました。猫は子供の頃から大好きですが飼うのは初めてです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]