忍者ブログ
我が家の猫親子なつめとこうめの観察日記です。
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結局、6月2日に手術することになりました。
その晩は食事抜きで明日に備えました。その前の晩遅く、妻はあまり出たがっているので3階の扉を開け、3階テラスにナツメを出してしまいました。
すると螺旋階段を上って屋上に、そして、西隣のお宅の屋上に登ってしまったというのです。隣の家の造りは鉄筋コンクリート打ち放しで半地下に3階建て、わが家より 半階ほど高区、屋上から見ると目の高さより少し上に隣の屋上の床という感じなのです。
妻は何を思ったのか、隣の家の向こう側まで、探しに行きましたが見つかりません。
ちょっとよく似た猫に出会って慌てたといいますが、となりの家の造りからすれば、屋上から直接外へは猫が下りられるはずもありません。
ナツメは隣の屋上にいました。
とくに鳴くこともなく、こちらからは一番遠い辺りを悠然と歩いています。
そこで、少し重いですが円形テーブルを拡張するための板をもってきて向こうの屋上とこちらの手すりをつなぐ橋を作ることにしました。
この板は十分重く安定感があります。もう夜中でしたから、静かにナツメを呼びますが、一向にこちらに渡ってくる気配はなく、また遠くへ言ったり冒険を重ねています。
外階段がありますが、3階のドアに達するだけです。
そこから下へは2層半もありますので、先ず降りられないと思います。
そこで、一計を案じ、コウメをケージに入れて連れてきて、橋のこちら側におくことにしました。
コウメはケージの中から鳴きます。するとやはり親猫、橋を渡ってこちらに戻ってきましたので、一件落着でした。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
飼い主夫婦N
性別:
非公開
自己紹介:
2009年のゴールデンウイークから猫親子の里親になりました。猫は子供の頃から大好きですが飼うのは初めてです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]