忍者ブログ
我が家の猫親子なつめとこうめの観察日記です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好きな場所は、私が仕事をしている机の上に乗ってみたり、私の書いている原稿用紙の上に座ってみることです。
私が、夢中になっている、ここ、ではない遠い場所、いま、とは違う時、について考えているのが嫌いなのです。
いまと、ここへと、すべてを引き戻すのが好きなのでしょうか。


PR
好きな場所は、網戸の外、ベランダで、そこに跳び出ることです。
そこは、幾分ざらついた、コンクリートの床があり、猫の先祖が砂漠に育った旧い記憶が突然蘇ってくるのでしょうか。
背中をこすりついて激しく動き回ります。砂浴びをしているつもりでしょうか。
母親に続いて、娘猫も続きます。



好きな場所は、新鮮な空気が通う場所です。
戸を開けると走り来るのです。
網戸を通して外気がはいってくるのを全身で味わうのが好きなのです。
そして、本当は、網戸も開けて、外に出て行きたいのです。
母親に続いて、娘猫も続きます。


好きな場所は、外がよく見える場所です。
安全な室内から、外で起きるさまざまなことを、じっと眺めているのがすきなのです。
特に小鳥が来ると、真似して鳴いてみること。
猫が来ると、安全な場所から、シャー!と威嚇して、安全に縄張りを守るのです。
母娘がじっと並んで同じ格好をしています。


好きな場所は、猫布団で、そこにもぐりこむことです。袋状になった猫布団にもぐりこむと、必ず中でくるりと向きを変えて、入り口側に頭を置いて、眠り込みます。
結構深い場所でぐっすり眠り込むのです。
閉ざされているので、完全に安全だと思い込むのでしょうか。
いや、それ以上に暖かいのがすきなのです。
今は冬ですから。


↑寝起きのため顔が凶悪です。
が、怒っているわけではありません。
ぼんやりしているのです。
 好きな場所は、高い場所です。
いつどこから上ったのかと思うような高い場所を見つけて、寛いでいます。
そこなら誰にも邪魔されずに、ゆっくりできることを知っているのです。
猫の目より人の目が下にあると安心するのでしょうか。

 好きな場所は、窮屈な箱の中です。
そこに入ることができるのかな、と思われるような狭い箱に入るのが好きなのです。
そして眠り込みます。
どこかで音がした時、薄目を開けたとしても箱の中なので何も見えないので、また安心して眠ってしまうのです。
現実逃避癖があるのでしょうか。


↑靴箱でくつろぐコウメ



↑靴箱でとりあえず佇んでみるナツメ
猫は、広くゆったりした場所が好きか、と思ったら、全く間違いでした。
窮屈な場所が好きなのです。
狭いところに入り込んで、くるりと向きを変えて、そこから、広い世界を眺めるのが好きなのです。
背後が守られている、これが大事なのでしょうか。







この写真の中に猫が1匹隠れています。
どこでしょう?







↑ここでした。
こうめです。
1/2、なっちゃん(母猫ナツメ)が初家出をしました。
初といっても今年になって”初”なだけで去年もすでに3回くらい家出しています。
最初の家出では飼い主もあせってしまい、捕まえるのに苦労しましたが、
30分くらい近所を散歩した後に戻ってくることがわかり、ドアを開けて帰りを待つようになりました。
それにしても、普段は素早く動いたりしないのに、家出するときは間隙をついて早いこと早いこと。出掛けようとして開けた玄関ドアから飛び出していきました。はぁ~参ったなぁ。。。


家出を堪能するなっちゃん



なっちゃんをうらやましそうに見つめるコウメ


この日も30分位して無事戻りました。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
飼い主夫婦N
性別:
非公開
自己紹介:
2009年のゴールデンウイークから猫親子の里親になりました。猫は子供の頃から大好きですが飼うのは初めてです。
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]